バイアグラ・ED治療薬

バイアグラに副作用はつきもの

投稿日:2017年7月5日 更新日:

バイアグラの副作用ED治療薬であるバイアグラをつかう際に、主作用である効果を期待するのは当たり前ですが、それと同時におこる副作用の効果に不安や心配を抱えている人は結構います。

その不安や心配から、なかなかED治療薬をつかうことに踏み出すことができないでいる人も多いのではないのでしょうか?

そのような人の為に、今回はED治療薬の1つであるバイアグラのよくある小さな副作用から、使用する際の注意事項、使用してはいけない場合などをこちらで紹介していきます。

バイアグラ服用に気をつける

バイアグラを服用する際には、個人差がありますが副作用があるという事を事前に知っておく必要があります。

事前にどんな副作用があるかを知っておく事で、対処しやすく、心の準備にもなります。

副作用といっても、用途・容量を守っているならば、重篤な副作用を引き起こすケースはほとんどないです。

しかし、バイアグラも薬になりますので、必ずや100%といった回答はできませんが、今までのバイアグラを服用している報告のデータでは、普通に使っている場合に限っては危なくなる可能性は極めて低いです。

副作用が現れるか表れないかで、効果が効いているか効いていないかを判断しているバイアグラ服用者もいますので、副作用があることがわかれば、特に心配する必要もないです。

バイアグラの主な作用が勃起作用と思われている方もいると思いますが、もちろんあたっています。

しかし、勃起する為に血管を拡張して血のめぐりを早くしているということを知っている人はすくないです。

血管拡張作用が働き→血流が早くなる→「主作用」勃起しやすくなる・「副作用」も起こる

代表的なバイアグラの副作用

代表的な副作用

バイアグラの主な副作用の中には、顔が赤くなりほってった感じになったり、頭痛、めまい、色の見え方が変わるといった副作用もあります。

バイアグラを服用した人で副作用がでない人は、1割もいないと言われています。

逆にいえば、9割の人には副作用がでているということが挙げられます。

他の症状として、目の充血(下半身だけではなく、顔の方まで血管が拡張したことにより)、鼻づまり、鼻血(鼻粘膜の充血により)、消化不良、胃痛(消化管の充血により)、胸痛、動悸(全身の血のめぐりがよくなり、それの血液を送り出す心臓の負担により)

まとめ副作用(軽度)

・めまい・目の充血

・顔のほてり

・頭痛

・鼻づまり

・鼻血

・消化不良

・胃痛

・胸痛

・動悸

稀に起きる副作用

用途・容量を守り、バイアグラを服用した場合でも、稀に起こる少し強度のある副作用が現れることがあります。

1つ目は狭心症です。

バイアグラを服用することで血のめぐりがよくなることはもう知っていると思いますが、血のめぐりが早くなることで、血圧はさがります。

血圧とは、血管内で血液がながれることにより、血管に圧がかかった状態のことです。

ほどよい血流の早さなら良いのですが、バイアグラにより異常に血流が早くなってしまうと血管にかかる圧が減り、血圧低下の原因になります。

急激な血圧の低下により、胸痛のような心臓が痛くなる狭心症を発症してしますケースがあります。

低血圧、高血圧、心筋梗塞、心臓病の治療中の方などは、副作用をおこす可能性が極めて高い為、より注意が必要です。

2つ目は突起性難聴です。

突発性難聴

この突発性難聴の発症は原因不明の場合がおおいだけでなく、難聴になった瞬間を患者がはっきり覚えていて話すことが出来るほどの突発的です。(車を運転していたら急に聞こえなくなった、学校・会社で突然)など。

発症患者の半数以上が、一回だけ強いめまいを感じることがあり、複数回めまいが起きる場合は突発性ではないとされています。

両方の耳が聞こえなくなる場合よりも、片方だけが悪くなるといった場合が多く、完全に聞こえなくなる時もあるが、大抵は耳鳴りのような音が他の音をさえぎり聞こえなくなる事が多いです。

バイアグラは総服用者で数えれば1番多いため、たまたまバイアグラを服用していた人が偶然発症したと考える研究者もいます。

最後は、持続勃起症です。

名称の通り、自分の意志では勃起を止めることが出来ずに、持続的に勃起が続く症状です。

勃起の後、通常時に戻るのが非常におそくなる場合もこの症状の可能性があります。

大きく分けて原因が二つあり、そのうち1つの症状とよく似ているのが、バイアグラなどのEDを治療する薬の副作用におこるタイプです。

陰茎海綿体内の動脈系が破れて、大量の血液が海綿体に残り、血液が戻っていかないじょうたいです。

この状態ですと、陰茎が虚血状態になるため急いで治療する事が必要になります。

バイアグラを服用して、勃起状態が1日以上続いていたりする場合は、早急に病院に受診するべきです。

稀な副作用

・狭心症
・突発性難聴
・持続勃起症

治療薬を服用する際の注意事項

バイアグラには副作用があるだけではなく、この副作用に加えて、併用してはいけない禁忌薬も多く存在します。

また、この併用禁忌薬は市販に販売されている薬にも多くありますので、日常的に薬を服用している患者でバイアグラの服用を考えている場合は、問題ないか注意する必要があります。

シアリスとバイアグラおすすめランキング

シアリス

シアリスのバナー

シアリスは、バイアグラとレビトラの後に発売をされた第3のED(勃起不全)治療薬です。

バイアグラとレビトラのデメリットを取り除いたED治療薬となっており、効果も強制的に勃起をさせるのではなく自然な形で勃起を促してくれます。

持続時間も非常に長くなり最長で36時間という驚異的な持続時間を誇るため週末(ウィークエンド)に最適です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル 20mg (Tadalafil 20mg)
メーカー:イーライリリー(アメリカ)

タダシップ(シアリス)

タダシップのバナー

タダシップとは、勃起不全のED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。

同一成分なので、同様の効果と効能なのにシアリスよりも格段に安く購入できます。

副作用が少なく持続時間が長いのが特徴なED治療薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル20mg
メーカー:シプラ(インド)

タダライズ(シアリス)

タダライズのバナー

タダライズは、勃起不全(ED)の治療薬シアリスのジェネリック医療品です。

シアリスの同一成分であるタダラフィルを配合しており同様の効果を得る事ができる上、シアリスの80%オフで購入出来る為、大変人気の勃起不全(ED)治療薬となります。

持続効果も長い事から海外では、ウィークエンド・ピルとも言われています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル20mg・40㎎
メーカー:サンライズレメディーズ(インド)

バイアグラ

バイアグラのバナー

バイアグラは、世界で最も有名なED(勃起不全)治療薬です。

アメリカにある製薬会社のファイザー社が開発をし、世界一有名なED治療薬で認知度の高いお薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩50mg・100mg
メーカー:ファイザー(アメリカ)

カマグラゴールド(バイアグラ)

カマグラゴールドのバナー

カマグラゴールドは、ファイザーが開発した世界的に有名となったED治療薬バイアグラのジェネリック薬品です。

バイアグラのジェネリック医療品なので、同様の効果効能で安価で購入する事が出来ます。バイアグラが高額な為、価格を抑えたい方にお勧めです。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩50mg・100mg
メーカー:アジャンタファーマ(インド)

ピーフォースフォート(バイアグラ)

ピーフォースフォートのバナー

ピーフォースフォートは、経口タイプの勃起不全(ED)治療薬で、ED治療薬のバイアグラのジェネリック薬品です。

150mgと内容量もバイアグラより多い上、低価格で購入する事ができる為、肥満体質の方や若い男性に大変人気の勃起不全(ED)治療薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩150mg
メーカー:サンライズレメディーズ(インド)

-バイアグラ・ED治療薬

Copyright© ED治療薬バイアグラとシアリスの徹底比較 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.