ED雑学

ジェネリック医療薬~ED治療薬~

投稿日:2017年7月7日 更新日:

ジェネリック医薬品

ジェネリック医療薬という言葉をご存知ですか?

最近世の中に浸透してきている言葉ではありますが、まだまだ知らない人も多いのが現状です。

ジェネリック医療薬を知っているだけで、得することはあっても損することはありません。

逆に言うと、ジェネリック医療薬を知らない人は、損をしてしまっている可能性があるということです。

一般的に風邪や病気にかかった時、病院へ行き診察などを受けた後に、医療薬を購入するはずです。

誰でも知っていると思いますが、日本では保険が適用されて“3割”程度のお金を払えば、医療薬が購入できます。

この値段はあくまで“3割”の値段になりますが、保険適用外の“10割”を負担した人は少なく、この“3割”が医療薬の全部の値段だと誤認識してしまうことも多々あります。

そこで質問です。

あなたは購入する医療薬の“10割”の値段を知っていますか?

その“10割”の医療薬もよく普及されているタイプでまだ微々たる値段だという人もいるでしょう。

しかし、その“10割”の値段がとても高い医薬品は、“3割”の値段も比例して上がっていき支払うお金は高くなります。

今はまだ、保険適用の中で医療薬を購入できているかもしれませんが、もし保険適用外の医療薬が必要になった時、あなたはどうしますか?

そんな時に、ジェネリック医薬品の存在を知っていれば、損をする可能性を減らせるかもしれません。

ED治療薬シアリスのジェネリック>>

ジェネリック医薬品を知る

知る先発薬と呼ばれる新薬と全く同等有効成分を使用して作られていて、有効性や安全性、品質などの法律からなるシビアな規定や条件を満たした医療薬のことです。

後発薬とも言われています。

先発薬と同等効果効能と安全性が認められてからの販売にされており、先発薬よりも安価で販売されています。

ジェネリック医薬品が安い訳

医薬産業政策研究所の調査によると、新薬を1から開発する場合、国内企業で平均的な開発期間が9年以上であり、開発コストは自社品目で484億円もかかっているとのことです。

これは、日本国内の話だけで、海外の平均の開発期間は12年以上となり、日本よりも3年も長く、開発コストも1000億以上と高額であります。

新薬を販売する場合、上記の開発コストや開発期間に見合った利益を得る必要がありますので、価格は高くつきます。

一方で、後発薬であるジェネリック医薬品は、その過程をすべて省くことが出来ます。

実際に、すべてを省く訳ではありませんが、すでに販売して有効性や安全性が承認されている同等有効成分を使いますので、大幅に開発期間の短縮につながるのです。

先発薬は9年以上から長い期間だと20年位もあると言われる中で、後発薬が3・4年の開発期間で済めば開発コストの大幅な削減になります。

結果、後発薬の価格も安くなるのです。

値段の差は先発薬である新薬の“2割”から“5割”ほどの設定になっています。

※直ぐに、新薬のジェネリック医薬品を作ることはできなく、新薬を開発した会社が利益を回収できるようにするために、20年ほど独占的に販売できる特許があります。

シアリスとバイアグラのジェネリック比較はこちらから>>

先発薬と後発薬の違い

違い先発薬(新薬)と後発薬(ジェネリック医薬品)は同等有効成分が含まれていますが、それ以外のすべても同等ということではありません。

具体的に何が違うかというと、医療薬の形や色、味、有効成分以外の成分などです。

ジェネリック医薬品は、効果が同等で安いという利点だけが大きく取り上げられていますが、利点はそれだけではありません。

例えば、飲みやすくする為に先発薬より少し大きさを小さくしてみたり、飲みやすい味にしたりします。

また、商品によっては錠剤の先発薬をゼリー状の後発薬に改良していることもあります。

もちろん改良を加えているといっても、有効性や安全性を下げるような大幅な改良はしません。

それにより、先発薬と変わらない効果効能を守りことで販売される事を承認されます。

副作用に違いはあるのか?

先発薬(新薬)と後発薬(ジェネリック医薬品)は安全性も同等と認められていますので、特に違いはありません。

効果効能は同等だけど、副作用になるリスクは高くなるといったことがおこるなら、ジェネリック医薬品として承認められません。

ジェネリックの弱点

メディアや他サイトでは、安く効果も同等で利点の多いジェネリック医薬品の利点だけを取り上げますが、もちろんこの便利なジェネリック医薬品にも弱点は存在します。

まず、新薬が発売されてから、20年以上の歳月を経てからしか販売できないことです。

昔にできた医薬品なら、今では既に、ジェネリック医薬品が販売されているかもしれません。仮に販売されていないとしても、開発段階に入っていて近じか販売する可能性もあります。

しかし、最近できた新薬のジェネリックの医薬品が欲しいと思っても、特許があり製造されていないので、最近の新薬を安く手に入れることはできません。

また完全に同じではなく、あくまで同等であるといいうことになり、形状の違いや添加物のせいで効果がでるのが遅くなったり、早くなったりするケースもあります。

シアリスとバイアグラおすすめランキング

シアリス

シアリスのバナー

シアリスは、バイアグラとレビトラの後に発売をされた第3のED(勃起不全)治療薬です。

バイアグラとレビトラのデメリットを取り除いたED治療薬となっており、効果も強制的に勃起をさせるのではなく自然な形で勃起を促してくれます。

持続時間も非常に長くなり最長で36時間という驚異的な持続時間を誇るため週末(ウィークエンド)に最適です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル 20mg (Tadalafil 20mg)
メーカー:イーライリリー(アメリカ)

タダシップ(シアリス)

タダシップのバナー

タダシップとは、勃起不全のED治療薬シアリスのジェネリック医薬品です。

同一成分なので、同様の効果と効能なのにシアリスよりも格段に安く購入できます。

副作用が少なく持続時間が長いのが特徴なED治療薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル20mg
メーカー:シプラ(インド)

タダライズ(シアリス)

タダライズのバナー

タダライズは、勃起不全(ED)の治療薬シアリスのジェネリック医療品です。

シアリスの同一成分であるタダラフィルを配合しており同様の効果を得る事ができる上、シアリスの80%オフで購入出来る為、大変人気の勃起不全(ED)治療薬となります。

持続効果も長い事から海外では、ウィークエンド・ピルとも言われています。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:タダラフィル20mg・40㎎
メーカー:サンライズレメディーズ(インド)

バイアグラ

バイアグラのバナー

バイアグラは、世界で最も有名なED(勃起不全)治療薬です。

アメリカにある製薬会社のファイザー社が開発をし、世界一有名なED治療薬で認知度の高いお薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩50mg・100mg
メーカー:ファイザー(アメリカ)

カマグラゴールド(バイアグラ)

カマグラゴールドのバナー

カマグラゴールドは、ファイザーが開発した世界的に有名となったED治療薬バイアグラのジェネリック薬品です。

バイアグラのジェネリック医療品なので、同様の効果効能で安価で購入する事が出来ます。バイアグラが高額な為、価格を抑えたい方にお勧めです。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩50mg・100mg
メーカー:アジャンタファーマ(インド)

ピーフォースフォート(バイアグラ)

ピーフォースフォートのバナー

ピーフォースフォートは、経口タイプの勃起不全(ED)治療薬で、ED治療薬のバイアグラのジェネリック薬品です。

150mgと内容量もバイアグラより多い上、低価格で購入する事ができる為、肥満体質の方や若い男性に大変人気の勃起不全(ED)治療薬です。

効果・効能:勃起不全の改善・勃起維持
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩150mg
メーカー:サンライズレメディーズ(インド)

-ED雑学

Copyright© ED治療薬バイアグラとシアリスの徹底比較 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.