シアリス情報サイト

~シアリスがバイアグラより良い理由~

ED雑学

EDとED治療について

投稿日:2017年7月11日 更新日:

EDとED治療についてEDとは、男性だけに発症する病気の一種です。

成人男性の4分の1はEDに悩んでいると言われているほどED患者の沢山います。

20歳からの日本の成人男性の総人口は約6000万人いると言われており、その4分の1の1500万人はEDであるということになります。

EDは男性性器の問題であることから、なかなかdeepな問題でもあります。

その為、診察をせずに自分だけで解決を試みたり、個人輸入代行でネット通販をしたりと、正確なED患者の数を表すことができません。

ですので、上記で上げた1500万人よりも多いかもしれないし、少ないかもしれません。

大体このくらいいるということを覚えてください。

また、このED患者の数には自分がEDだとは知らずに過ごしている男性の数も、含まれていて、その人数も予測の範囲になります。

EDは、ある程度区分分けされており、その種類や原因もわかるようになってきました。

EDの治療方法もいくつかあり、ED治療薬という画期的な薬の開発や、ジェネリックの存在により沢山のED患者に普及してきています。

ジェネリック医薬品について>>

EDとは

EDとは勃起不全であるいうことです。

(Erectile Dysfunction=勃起機能不全)の略称で多くの男性を苦しめている症状になります。

またEDの基本定義として「満足いく性行為をできない」とEDの可能性があるということになります。

・勃起しても維持することができな。

・勃起時の硬さが固くなく挿入できない。

・性欲もあり興奮もしますが、肝心な勃起がしにくい。

・挿入しても、直ぐに硬さがなくなり抜けてします。

これもすべてEDである可能性の高い症状の1つです

また、EDは年齢を重ねるごとにその割合は増加していき、50代では3人に1人、60代では2人に1以上の人がEDであると自覚しています。

EDの原因と種類

原因と種類勃起が起こる時、必ず脳からの指令があります。

性的に興奮すると、その興奮が脳に伝わり脳から男性器に伝わります。

脳から指令が神経を通して男性器の血管を広げます。

広がった血管に大量に血液を送り、陰茎海綿体がその血液を蓄え維持するのです。

勃起をするだけでも、この興奮を感じる脳・指示を伝える神経・血液を送る血管が作用しております。

これが正常に作用しなくなってきた場合、EDになってしまいます。

心因性ED

主にストレスが原因で発症するEDです。

日頃からストレスがかかる生活を送っているとなるケースや、一度の失敗の体験を引きずり性行為のたびに不安や焦りが悪循環を生みます。

さまざまな心理的な問題が重なることで、性行為をする時だけたたないといった症状がみられます。

また、20歳~30歳の若い年齢の人に表れているEDもほとんどこの心因性EDになります。

心因性EDについて>>

器質性ED

一般的にEDと言えば、上げられているのがこの器質性EDになります。

歳をとるにつれてその確率は高まり、血管や神経の障害でおこるEDです。

また、こちらEDは動脈硬化を引き起こす糖尿病や高血圧を合併して起こしている場合がある。

中高年の男性は、この生活習慣病が原因であることも珍しくはなく、生活習慣を改善する事が治す近道にもなる。

器質性EDについて>>

薬剤性ED

日常的に投与している一部の薬剤が原因になる場合が多い。

この薬剤性EDは、素人ではなかなか発見することはできなく、心因性EDや器質性EDを疑う人も多い。

抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬などを含む抗精神薬などの併用は要注意。

混合性ED

心因性ED、器質性EDと、ストレスだけや歳をとるにつれての血管や神経の障害だけではなく、両方が原因の時におこるEDです。

心因性EDでは、健康的な身体を持っているが、精神が弱っています。

器質性EDでは、精神や健康的であるが、それを体現する身体が弱っています。

混合性では、そのどちらもが弱っている為、治療の際にはどちらの側面からも対応しないといけなく難しいEDです。

ED治療について

ED治療と言えば、ED治療薬が真っ先に思い浮かぶと思いますが、ED治療薬以外にも様々な治療法(手術、ホルモン療法、心理療法)がありますが、やはり一番使用されている方法は、ED治療薬です。

他と比べて、安価に始めることができ、また飲むだけになりますので、自分で初めて場合も比較的失敗しにくいです。

病院へ行き、診察をうけ、薬局で購入するいままでの方法でも良いのですが、今ではもっと安価で手軽にED治療薬のジェネリック薬品をネットで購入する事が出来ます。

ネット購入を考えの方はこちらから>>

治療方法1・ED治療薬

バイアグラ、レビトラ、シアリス、アバナとみ4つの種類のED治療薬があります。

効果が強めなバイアグラ、即効性の強いレビトラ、効果の持続がながいシアリス、最後に開発されて、他の3つの改善点をまとめたアバナ。

薬には個人差があり、一番身体に合った薬を使うことが良いです。

ED治療薬シアリスはこちらから>>

治療方法2・陰圧式勃起補助具

男性器に装着して使用します。

勃起状態を擬似的に作ることにより、強制的に陰茎に血液を集めます。

使用方法はシンプルで、性行為をおこなえるまでの勃起状態に9割の確率で戻すことができますが、何度も付け外しを行なうので外出時などに使用はできません。

治療方法3・生活習慣を見直す

EDは生活習慣病とも深くかかわっているため、生活習慣病を予防することはED予防にもつながります。

簡単に行なえるのは食生活や運動などです。

高カロリーな食事や、栄養バランスの偏った食事を減らすこと。

また、食べすぎず腹8分を心がけることも良いでしょう。

飲酒も飲みすぎず適度に済ませることで、リラックス効果を得られますので、適量を意識し、喫煙は控えることがベストです。

煙草には有害成分が多く含まれおり、ED関連でなくても身体に良い事は何1つありません。

また、EDになる原因に血流がありますので、適度な運動を行ないながら血行改善をしましょう。

-ED雑学

Copyright© シアリス情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.