シアリス情報サイト

~シアリスがバイアグラより良い理由~

シアリス・ED治療薬

シアリスとバイアグラ比較【副作用編】

投稿日:2017年7月14日 更新日:

副作用比較

日本では、ED治療薬で一番の知名度があるのは、シアリスではなくバイアグラです。

もちろん、バイアグラは世界で初めてのED治療薬でありことから、世界の男性諸君に与えるインパクトも多大なものであったことは明白であります。

世界でバイアグラが販売された時、日本ではまだ販売されていませんでした。

しかし、世界中で注目されたバイアグラのうわさは海をわたり日本にも上陸します。

夢の薬ともいわれるバイアグラを手に入れるために、個人輸入する人が急増しました。

しかし、容量・用法は英語の為、理解す事なく使用した結果、バイアグラによる死亡事件が発生してしまいました。

世界初のバイアグラの開発のインパクトと、そのバイアグラで死亡事件が発生したインパクトが脳にインプットされてしまった結果、ED治療薬=バイアグラという考えがこびりついた日本人はとても多いです。

現在でも日本ではバイアグラの認知度が高いです。

世界ではすでに、バイアグラよりも欠点の少ないシアリスの方が使用されていて、世界シェア率を見てもシアリスの方が圧倒的に多いのです。

そこで、バイアグラの死亡事例と、シアリスとバイアグラの副作用の比較を紹介します。

副作用の強さに違いはあるか?

どんな副作用があるのか?

 結果 シアリス バイアグラ
副作用発生率 約3割 約9割
副作用の強さ 基本ゆるやかな弱め  普通

シアリスの副作用の強さ

シアリスは比較的効果を実感するのが遅いED治療薬になります。

そして為、効果と同じく副作用が現れるのも遅く、ゆっくりじわじわ浸透していきます。

専門機関の調べによると、27%の約3割の人に副作用が発生するケースが見られたそうです。

シアリスは約20時間以上36時間未満という長い時間の間、緩やかに効果を持続していることから副作用も薄く小さく表れているのだと思います。

シアリスの副作用発生率→約3割

副作用の強さ→基本ゆるやかな弱め

シアリス副作用の詳細はこちらから>>

バイアグラの副作用の強さ

専門機関の調べによると,強い、弱いはあるものの約9割の副作用が表れています

バイアグラを飲むと、効果が表れるのに合わせて顔が赤くなるのは有名な話です。

この赤みは、バイアグラの飲んだ際の副作用で症状自体は小さいのですが、基本的9割の人が副作用になることから、副作用の表れが効果のあらわれと考えている人も多いようです。

稀に、視界が明るくなりすぎてまぶしく見えたり、青みがかったりすることもありますが、ちょっと強い副作用がきても、バイアグラの効果が切れる時には副作用も収まります。

6時間以上経過しても、副作用が治らない場合は直ちに病院やクリニックに相談する事をおすすめします。

バイアグラの副作用発生率→約9割

副作用の強さ→普通

比較・副作用の強さ

 

副作用の強さに関しては、シアリスのバイアグラもどっちもどっちと言ったところでしょう。

副作用の発生率は一目瞭然で、バイアグラの9割よりもシアリスの3割の方が低く、副作用が現れにくいということです。

例えるなら、シアリスが長距離ランナーでバイアグラが短距離ランナーといったところです。

長い時間広くゆっくり力を持続していくのか、短時間で一気に力を使いきるのかの違いです。

個人差があるので、必ずこうなるかと言われると必ずとは断定できませんが、確率的にはシアリスの方が低いです。

 

どんな副作用があるのか?

疑問

シアリスとバイアグラは同じED治療薬になります。

もちろん、同じED治療薬と言っても、有効成分は違うので名前は違いますが、作用の仕方は同じになります。

ED治療薬とは、勃起を助けるために血管に作用して血流をよくします。

作用が同じであるということは、シアリスもバイアグラも血管作用して血流を良くするということなのです。

ですので、副作用もそれほど大きな違いはなく現れます。

 

 

シアリスの副作用

良く現れる主な副作用は、頭痛、顔のほてり、潮紅、目の充血、鼻づまり、めまい、動悸、消化不良、四股痛、筋痛、睡眠障害、高血圧、低血圧、狭心症などが挙げられます。

 

バイアグラの副作用

主な副作用として、顔のほてり、潮紅、頭痛、目の充血、めまい、動悸、胸痛、消化不良、耳鳴り、筋肉痛、神経過敏、狭心症などが挙げられます。

 

 

バイアグラの死亡事例

死亡事件上記でも記載してある通り、まだバイアグラが日本で販売されていな時、個人輸入により手に入れたバイアグラを使用して死亡した事例です。

この時、バイアグラを手に入れた男性は、適切な容量・用法を知ることなく正しい知識を得られずに、注意事項にあるしてはいけない状態で使用したことによる副作用で死亡しました。

この男性に正しい知識がなく、間違った方法と知らずに間違ったことをしてしまうケースがありました。

FDA(米国食品・医薬品局)医薬品審査・調査センター調べによる死亡例はこちらから>>

まとめ

バイアグラの死亡例のように、間違った使用方法が原因で重篤な副作用から死に至場合もあることから、正しい知識をつけることが必要である。

シアリスとバイアグラの副作用には効果の強さや発生率には違いがあり、シアリスの方が副作用が弱く使いやすい事がわかる。

副作用自体は基本同じである。

初めてED治療薬を使用する人には、比較的副作用が弱く現れるシアリスの方が副作用をきにすることが少なくおすすめです。

-シアリス・ED治療薬

Copyright© シアリス情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.