シアリス情報サイト

~シアリスがバイアグラより良い理由~

シアリス・ED治療薬

シアリスのジェネリック薬品

投稿日:2017年6月26日 更新日:

ジェネリック医薬品今では世界的に人気のあるED治療薬はバイアグラではありません。

「え?バイアグラじゃないの?」と思った方はかなり損したED治療薬の使い方をしている可能性があります。

今実際に世界で一番人気なED治療薬はシアリスになります。

このシアリスはバイアグラやレビトラを超えた長時間の効果を発揮するために、ED治療以外にも、性生活の向上のために使われていることもあります。

若い人に、特に人気があり週末に連続して使われことからウィークエンドピルという別名で呼ばれている時もあります。

ジェネリックの存在

シアリスを含めてED治療薬は高価な薬になります。

一錠からの値段設定がされておりまして、市販で売られている一般的な薬とは0が1つ増えるほどの差があります。

ですが、この値段の高さは意外にも他の薬と比べて高すぎるものではありません。

あまり気づいていないかもしれませんが、私たちも同じ高価な薬を購入して使っているのをご存知ですか?

病院で処方される薬は実際に私たちが払っているお金よりも高いことは知っていますよね?

日本では、診察を受けて薬を購入するときに保険証があれば3割負担だけですむことができます。

あとの7割は保険で負担するということです。

ですので、仮にED治療薬に保険が適用された場合には、1錠1000円位だとしても300円手程度で購入する事ができます。

こう考えた場合、ED治療薬だけが特別高価であるというわけではなく、保険が効く/効かないで値段の差は生まれているのです。

世界の先進国であるG7の中で、ED治療の保険適用外である国は日本だけです。

日本のED患者は少なく見積もっても1800万人いると言われている中で、保険が適用されない日本の政府は何を考えているのか?疑問に思うことも多々あります。

こういう日本で今活躍しているのがジェネリック薬品です。

ジェネリック薬品とは、とても簡単にいいますといわゆるコピー医薬品です。

コピー医薬品と聞けば、良いイメージがしないかもしれませんが、れっきとした国に認められた医薬品になります。

そのかわり、コピー元となる薬が開発・販売されてから20年ほどの時間を経てからしか販売できませんので、新薬が直ぐにジェネリック薬品として世に出ることはありません。

シアリスジェネリック

シアリスジェネリック良い意味でコピー医薬品であるジェネリック薬品は、本家との性能もさほどかわりはありません。

本家の薬と同じ有効成分を使っています。量も同じであり、違うところは薬の形や味、色、添加物です。

飲みやすくするために、形を小さくしたり、味を変えたりしていますが、どの場合も薬の効果に影響がない範囲での変更ですので、問題はないです。

ここで、シアリスのジェネリック薬品を紹介します。

シアリス・ジェネリック

タダラフィル20㎎

スマート社が販売しているジェネリックの新しい薬です。

このシアリス・ジェネリックも本家と同じ有効成分を使っておりますので、血流不足を改善して勃起に必要な血液の流れを作ってくれるでしょう。

使用方法、副作用、併用禁止薬どれも本家シアリスと同じです。

タダシップ

タダラフィル20㎎

シプラ社が開発したED治療薬です。

こちらも本家シアリスと同一成分で、同じ効果を得ることができながら値段も安く安価に購入することができます。

ピルカッターで、半分の10㎎にして服用される方も多いです。

タダライズ

タダラフィル20㎎、40㎎

サンライズメディ社が開発したED治療薬です。

効果、使用方法、副作用と本家と変わらず使え、1錠剤あたり本家の80%オフの値段で買うことが出来ることから、人気の高い商品になります。

メガリス

タダラフィル10㎎、20㎎

マクレオーズ・パーマスティカル社発売の有名ED治療薬のジェネリックです。

少しだけ効果が高く、その分副作用のリスクも出てきます。

シアリスとバイアグラのジェネリック比較はこちらから>>

まとめ

ED患者の為の薬がでたことは非常に良いことではあるが、値段が高く日常的に使っていくには経済的に厳しい方が多いです。

そんな中、ジェネリックの登場により少しは金銭面の緩和が図れたが、ED治療が保険適用外であったり、まだまだ日本の問題はなくならないようです。

-シアリス・ED治療薬

Copyright© シアリス情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.