シアリス情報サイト

~シアリスがバイアグラより良い理由~

知るべき事

「EDとは何でしょうか?」

その問いに対して、正確に克、寸分狂わずに回答できる人間がはたしてどのくらいいるのでしょうか?

個人的な見解ですが、回答者の正解率は半分にも満たないと思います。

しかし、「あなたはEDでしょうか?」または「あなたは今ED治療薬が必要ですか?」という質問をすると、「わたしはEDの可能性があると思います。」「わたしにはED治療薬が必要です。」といった回答が回答者の半分は占めると思います。

そのくらい、今のEDである人の人数は増加傾向にあります。

その中でEDについての知識が乏しい人が、どうやってEDを治療していくのでしょうか?

もちろん、知識がなくても治療することはできます。

病院に行き、洗いざらい自分の事を話して医者と相談し、高いお金を払えばいいのです。

そうすれば、EDについて何も知らなくても問題ないでしょう。

お金があるなら何も考えず、なにも調べずに無駄にお金を放出すればいいのです。

お金がないからネット利用での購入を考えているのではない

しかし、あなたはお金の問題でインターネットからEDを検索したのではないはずですよね?

あなたはお金の問題よりも、もっと大事なモノがあるからインターネットを利用しているのです。

誰にも知られずに、自分でEDを治そうと考えているから、今この文章を読んでいるのではないのですか?

EDであることを誰にも知られることなく、自分で治すならそれなりに知識が必要です。

そのEDの知識をここで培い、個人輸入代行サイトを利用するなり、病医へ行くなりと、自分に一番いい方法(治療法)を探してみてください。

~インポからED「勃起機能不全」~

ずっと昔、私たちが生まれるずっと前からこのED「勃起機能不全」と男どもは戦っています。

もちろん、昔は治療薬などはありませんので、日本でも精の付く食材として牡蠣やスッポン、ニンニクなどが食べられていましが、どれも完全な効果を示すものはありません。

また、今でこそED・英名Erectile Dysfunctionと呼ばれていますが、昔はインポテンス・インポテンツと呼ばれていました。

このインポテンス・インポテンツは、生殖する力やそれを行なう活力がない等の能力を否定する言葉であり、侮辱や差別にあたる言葉ですので、

1990年代にインポテンス・インポテンツから代わってEDと呼ばれるようになりました。

1990年代 アメリカ インポテンス→ED

1995年 日本 [日本インポテンス学会 ]→[日本性機能学会]

三大ED治療薬の躍進

飛躍「EDはどうすれば治せるのか?」と疑問は膨らむが、その答えは見つかりません。

スッポンやニンニクを食べても治る訳でもなく、怪しい媚薬や精力剤には頼れない、完全なる八方塞がり状態です。

風邪の時は風邪薬!のように、EDの時はED薬!というのがなかった時代。

そのような時代に開発されたのが、バイアグラです。

バイアグラ誕生

世界の男性が待ち望んだEDを治す治療薬の誕生が1998年1月。

アメリカの製薬会社のファイザー社が開発しました。

もともとはEDを治す薬として開発されたのではなく、狭心症の薬として開発されていた薬が、途中でEDにも効果があることが判明して、急遽ED治療薬に開発を転換。

今では、「ED治療薬といえばバイアグラ」と言われるほど認知度の高さであり、これほど有名になるのを想像するのは簡単でした。

だって、男はみなこの薬が欲しかったのだから。

レビトラ誕生

バイアグラから遅れて3年、ついにレビトラが開発されました。

ドイツの製薬会社であるバイエル社が共同開発の末に作ることができ、第二のバイアグラとして注目を集めました。

また、バイアグラには服用する際の制限が多く、そこを改善したED治療薬がレビトラになります。

食事の影響の改善や、効果時間の拡大、そして驚くことにこのレビトラは即効性が極めて高い。

要するに、早く効くということです。

服用してから効果が効くまでが早く、便利度は一気に上がりました。

シアリス誕生

バイアグラから5年、レビトラから2年の歳月がたち、3番目の治療薬が開発されました。

バイアグラ、レビトラの欠点を補い生まれたのがこのシアリスです

一番の特徴は、先にでた2つのED治療薬より遥かに抜きんでた効果の持続力です。

4時間から5時間に比べ、シアリスは35時間以上の長持ち。

より食事の影響を抑えることができました。

しかし、他の2つと比べ服用から効果がでるまでに時間がかかりますが、その分効果の持続時間も長いので、タイミングを選ばず服用でき、現代人には一番向いていると思います。

実際、今世界で一番人気があるのは、知名度の高いバイアグラではなく、持続時間の長いシアリスであることが分かっています。

シアリスの詳細はこちらから>>

~現代のED事情~

現代昔と違い、精力の付く食材を食べ、怪しい媚薬や精力剤に手を出さなく済む時代になった現代のED患者はとても少なくなりました。

と、なるはずなのですが、実はED患者は年々増加していっているのです。

その理由は、多岐にわたりますが、現在一番問題視されているのがED患者の若年化です。

若者EDの増加

今までは、EDになる大半の人間は世界を含め30代以上が当たり前の中高年の歳を召している男性でした。

中には、若い人もいましたが、それは不慮の事故やとても低確立な場合に起こるものでした。

しかし、近年では20代からはたまた10代の男性がEDになる傾向が増加しています。

EDとは男性に表れる症状であり、10代の男性ならぬ男子にまで表れる症状にまでなると、見過ごせない問題です。

EDの識別

上記でも記載してある通り、若者にも増えてきているED患者。

ある程度歳を召しているおじさんにだけにおこるのがEDという昔の常識は、今では通用しない常識になっているようです。

そして、現在一番多いEDの症状が心因性EDと呼ばれるEDです。

心因性ED

EDの中でもっとも多いのがこの症状です。

日常の小さないらだちやストレスが原因になり起こすEDです。

例えば、会社の上司に無理難題を言われ、部下の後輩に愚痴を聞かされる中間管理職くらいの人たちは大体こちらのEDになります。

また、小さいころのトラウマや自分では気づいていな原因もあり、一番多い症状ですが、根本を見つめ直さない限りなかなか治らない症状です。

器質性ED

歳をとると、遅かれ速かれEDの症状が出やすくなります。これは、年齢増加にともない、血管・神経等に老いが生じて障害がおこるためです。

一般的にEDと言えばこのタイプを想像するのが普通だと思います。

また、生活習慣病により併用しておこる場合もあります。

過度な食生活を続けることにより、生活習慣病と呼ばれる高血圧や糖尿病といった病気がEDに影響を与えます。

喫煙、飲酒もEDを引き起こす原因の1つになります。

薬剤性ED

こちらは稀におこる症状になります。

よくある例としては、常時服用している薬の副作用が原因で起こってしまいます。

精神安定剤、睡眠薬、抗うつ薬を服用している人がEDの症状を訴えている場合はかなり薬剤性EDの可能性があります。

混合型ED

上記の症状が複数で表れた場合、この混合型EDになります。

心因性と器質性のふたつが原因でおこる場合がよくあります。

混合型EDには糖尿病を患っている患者が多く、血液の循環に問題がありペニスにまで血液が送りにくくなりEDに進行する場合があります。

また、混合型EDの人は生活習慣病であることを自覚しておらず、自分がEDであることも気付いていない事がよくあります。

ED治療薬は医療薬です

医療薬上記の通り、ED治療薬は医療薬になります。

ですので、購入する際には必ず処方せんが必要になりインターネットでの通販販売をすることはできません。

インターネットで販売すると薬事法違反になります。

しかし、今ではバイアグラなどのED治療薬をインターネットで購入できるようになっています。

では、購入した人はみな違反になるのか?というとそうでもありません。

実は、合法的に購入する事ができるのです。

個人輸入代行サイト

個人輸入代行サイトという言葉を聞いたことはありませんか?

上記では、医薬品を通販で販売することは薬事法違反になると書きましたが、違反せずに医療品を購入する方法があるのです。

それが個人輸入代行サイトを利用することです。

個人輸入代行サイトは値段も安く利用する人が増えてきています。

まとめ

簡単にではありますが、ある程度EDについて、ED治療薬について説明させてもらいました。

最初の基礎部分だけの説明になりましたが、うっすらとでもEDの世界観を知ることはできたでしょうか?

インターネットの中には情報も症状も薬も多くありますが、どれが1番よくて、1番合っているのかを判断できるのは自分自身になります。

そのために、正確な情報を取り入れ理解することが大切になります。

個人輸入代行サイトを利用する際にも、取り入れたその正確な情報が役に立つはずです。

投稿日:2017年6月22日 更新日:

Copyright© シアリス情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.