様々なニーズに応える厨房機器|空間と食事をクッキング

高額買取を期待する

事務機器の買取サービスを利用

不要になった事務機器を処分する方法として考えられるのはリサイクルですが、状態のいいものについては買取ってもらえます。機種交換などで下取りサービスを提供するメーカーもありますが、専門業者に買取ってもらうことで不用品を現金化することができます。 リース物件など所有権のない事務機器は別ですが、状態のいいものならほとんど買取ってもらえます。 インターネットで調べれば、事務機器の買取サービスを行っている専門業者は多く見つかります。プリンターやファックス、パソコンのような通常の事務機器からシュレッダーや分煙機といったものまで、ほとんどの事務機器が買い取り対象になっています。 いくつかの専門業者に見積りを依頼してみることで比較検討することが望ましいでしょう。

引き取ってもらう場合の価格について

買取ってもらう事務機器の価格は、状態や再販する際の市場性によって異なります。一般的に数千円から高いものでも数万円程度が相場だと言われています。 例えばプリンターの場合、人気のメーカーの複合機の場合、5千円から2万円程度で買取ってもらえるようです。ファックスの場合は数千円、パソコンは古い機種の場合、数千円、比較的新しい機種だと数万円の根が付くようです。 また、処分する事務機器の数量が多ければ、全体的な買取価格がアップすることもあるようです。これは引き取りに来る業者の手間が省ける、という理由からです。 引き取られた事務機器はメンテナンスされたあと再販売されます。日本市場だけではなく、海外に輸出されることもあります。したがって、市場で人気のある事務機器の場合、その買い取り価格も高くなります。 買取業者に見積りを依頼する際には、これらの点も踏まえてよく相談することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加